昭和41年
11月25日 財団法人日本いけばな芸術協会設立発起人会、主婦の友ビルにて開催。
12月5日 財団渋人日本いけばな芸術協会発会式。
名誉総裁 高松宮妃殿下
副会長 池坊専永
理事長 勅使河原蒼風
副理事長 小原豊雲
相談役 山本忠男

  

昭和42年
3月7日 副総裁に石坂泰三氏、会長に細川護貞氏、顧問に麻生和子氏就任。
5月9日〜14日 日本いけばな芸術協会発会記念展が昭和天皇・皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ東京・日本橋高島屋にて開かれる。出品者220名(130流派)、入場者6万4000人。
7月9日〜13日 カナダ・モントリオール万国博に、日本いけばな芸術協会が参加。

  

昭和43年
5月28日〜6月2日 第1回日本いけばな芸術協会全国大会が大阪・なんば高島屋にて開催される。
7月23日〜8月7日 メキシコシティ国立近代美術館にて行われた第3回ジャパン・アート・フェスティヴァル・メキシコシティに参加。
11月16日〜20日 アメリカにおける第3回ジヤパンアートフェスティヴァルに参加。

  

昭和44年
5月13日〜18日 第2回日本いけばな芸術展(東地区展)が東京日本橋高島屋にて開かれる。
5月27日〜6月1日 第2回日本いけばな芸術展(西地区展)が大阪なんば高島屋にて開かれる。
10月1日 会報「花」創刊号が発行される。
12月1日〜7日 米国アリゾナ州フェニツクス美術館にて行われた第4回ジャパン・アート・フェスティヴァル展に参加。

昭和45年
3月15日〜9月13日 大阪万国博に協賛し、日本庭園にて、いけばなを展示する。
4月7日〜12日 大阪・なんば高島屋にて文化庁・外務省の後援による万国博に協賛する第3回日本いけばな芸術展。
5月19日〜24日 東京・日本橋高島屋にて文化庁・外務省の後援による万国博協賛第3回日本いけばな芸術展。

昭和46年
1月 会報「花」2号発行。
4月21日〜26日 日本いけばな芸術展、第9回全道いけばな美術展が北海道いけばな連盟、北海道新聞杜との共催によって、札幌・丸井デパートにて開催される。
6月30日 小原豊雲氏、理事長に就任。新副理事長・早川尚洞、前理事長・勅使河原蒼風は相談役へ。東部新常任理事・勅使河原霞。
10月2日〜6日 日本いけばな芸術四国展が香川県文化会館、玉藻公園披雲閣にて開催された。
11月9日〜14日 第5回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋5、8階にて行われた。

昭和47年
2月11日
大阪・毎日小ールにて文化講演。源豊宗氏による「日本の絵画・桃山から江戸初期」、高田好胤氏による「愛に始まる」の講演。
5月 会報「花」3号発行。
5月9日〜14日 第6回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催。
5月29日 東京・九段会館にて林屋晴三氏による日本陶磁についての講演。
10月3日 名誉総裁・高松宮妃殿下により緑化運動推進のため、また日本いけばな芸術東北展を記念して宮城県立博物館前庭にて八重桜が御植樹される。
10月4日〜8日 仙台・三越にて六県代表作家による日本いけばな芸術東北展。
12月6日 東京・ホテルニューオータニにて協会創立6周年記念パーティー。

  

 

昭和48年
2月18日 大阪・毎日ホールにて西部地区の文化講演会が行われた。講演は小原豊雲氏。
3月6日〜11日 東京・日本橋高島屋にて第7回日本いけばな芸術展が開催される。
5月 会報「花」4号発行。
5月11日〜16日 福岡・岩田屋デパートにて日本いけばな芸術九州展が開催される。
9月20日〜25日 岡山・高島屋にて日本いけばな芸術中国・四国展が開催。

昭和49年
4月25日〜30日 日本橋高島屋にて第8回日本いけばな芸術展が開催された。
5月16日〜21日 大阪・なんば高島屋にて第9回日本いけばな芸術展が開催された。
7月3日 東京目白の椿山荘にて日本いけばな芸術協会全国大会(全国会員総会・懇親会)が行われる。
9月 会報「花」5号発行。
9月20〜25日 名古屋.名鉄百貨店にて日本いけばな芸術中部展が開催される。
11月21日 京都産業会館にて細川護貞、山田無文両氏による文化講演が行われる。

昭和50年
5月8日 エリザベス女王来日。東京赤坂・迎賓館和風別館にて本部役員、東西常任理事14名の作品を御鑑賞される。
10月 会報「花」4号発行。

  

昭和51年
4月15日 大阪・ロイヤルホテルにて創立仙川周年記念式典(西地区)が行われる。
4月16日〜20日 大阪・なんば高島屋にて創立10周年記念日本いけばな芸術展(西部地区展)が開催される。
10月21日〜26日 東京・日本橋高島屋にて創立10周年記念日本いけばな芸術展(東部地区展)並びに第3回イケバナ・インターナショナル国際大会が皇后陛下、皇太子御夫妻をお迎えして開催される。
10月21日 東京・ホテルニューオータニにて創立10周年記念式典(東地区)が行われる。

  

昭和52年

4月14〜19日 日本いけばな芸術甲信越展が長野・丸光百貨店にて開催される。
4月24日 神戸文化ホールにていけばな文化の集いが開かれ、細川護貞・常盤勝憲両氏の講演が行われた。
8月 会報「花」7号発行。

昭和53年
5月11日〜16日 第11回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋に開催される。
10月12日〜17日 第12回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催される。

昭和54年
1月 会報「花」8 号発行。
5月11日〜14日 日本いけばな芸術四国・中国展が国際ホテルにて開催される。
6月1日 東京・ホテルニューオータニにて第1回いけばな褒賞杯授与式一東部会員総会一が行われる。受賞者25名、パーティーの出席者600名
10月10日〜15 日第2回日本いけばな芸術東北展が仙台・丸光百貨店にて開催される。
12月3日 故勅使河原蒼風氏の追悼の会が東京・ホテルニューオータニにて、開かれた。

  

昭和55年
4月 会報「花」9号発行。
5月15日〜20日 東京・日本橋高島屋にて第13回日本いけばな芸術展が開催される。
10月2日〜7日 第14回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋に開催される。
10月23日〜28日 日本いけばな芸術北陸・信越展が富山県民会館にて開催される。

昭和56年
3月19日〜20日 いけばな文化振興東北地区大会が秋田市文化会館他で行われ、シンポジウム「80年代のいけばな」や分科会、また細川護貞氏、宗左近氏の記念講演。
4月29日〜5月5日 第2回日本いけばな芸術九州展が小倉井筒屋にて開催された。
6月 会報「花」10号発行。
6月5日 第2回いけばな褒賞杯授与式が東京高輸・高松宮邸で行われた。受賞者17名。
9月 今日出海先生、顧問に就任。10月8日〜13日 日本いけばな芸術東海・山静展が静岡・松坂屋にて開催された。

昭和57年
4月10日 西部にて「現代生活といけばな」と題した論文を一般・学生対象に公募。
5月13日〜18日 創立15周年記念日本いけばな芸術展(東地区展)が東京.日本橋高島屋にて出品者993名(285流派)を得て開催される。入場者3万9429人。
5月15日 東京.ホテルニューオータニにて創立15周年記念祝費式典が1200名の参加者を得て行われる。
5月27日〜6月1日 創立15周年記念日本いけばな芸術展(西地区展)が大阪・なんば高島屋にて出品者1050名202流派)を得て開催される。入場者5万5187人。
5月31日 大阪・ロイヤルホテルにて創立15周年記念祝賀式典が1000名の参加を得て行われる。
10月7日 選考された公募論文「現代生活といけばな」朗読発表会・授賞式が名古屋・名鉄グランドホテルにて行われる。

昭和58年
2月 会報「花」11号発行。
2月22日 大阪・東洋ホテルにて新役員人事。
副理事長 吉村華泉 西村雲華
会長勅使河原宏
相談役早川尚洞
3月18日〜23日 日本いけばな芸術中部展が名古屋・名鉄百貨店にて開催される。
9月9日〜14日 札幌そごうにて日本いけばな芸術北海道展が開催される。
9月21日 第3回いけばな褒賞杯授与式高輸・高松宮邸にて。授賞者19名。
10月20日〜25日 日本いけばな芸術中国・四国展が岡山高島屋にて開催される。

昭和59年
5月24日〜29日 日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催される。
9月 会報「花」12号発行。
10月25日〜30日 第17回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて開催された。
11月23日 四国地区研修懇話会がホテルリッチ高松にて土開催された。また細川護貞氏の講演も行われた。

昭和60年
6月7日〜12日 3回日本いけばな芸術東北展が盛岡パルクアヴェニューカワトクにて開催される。
9月 会報「花」13号発行。
9月28日 第4回いけばな褒賞杯授与式が東京高輸・高松宮邸にて士行われる。受賞者19名。
10月3日〜8日 第3回日本いけばな芸術信越展が新潟伊勢丹にて開催される。
10月25日〜28日 日本いけばな芸術四国・中国展が高松国際ホテルにて開催される。

昭和61年
5月8日〜20日 東京・日本橋高島屋にて第18回日本いけばな芸術展が開催される。
5月11日英国皇太子御夫妻来日。東京赤坂・迎賓館別館にダイアナ妃をお迎えして6流派の家元によるいけばな展示。
9月 会報「花」14号発行。
11月23日〜28日 第19回日本いけばな芸術展が、大阪・なんば高島屋にて開催される。
11月23日〜30日 第1回国民文化祭・生活文化フェスティバルが東京科学技術館で開催され、東京地区在住の役員を中心に151名(48流派)が出品、七名のデモンストレーションが行われた。

  

昭和62年

5月14日〜19日 大阪・なんば高島屋にて創立20周年記念日本いけばな芸術展が開催され、入場者3万5000人を集めた。また、記念講演と映画の会が会期中高島屋ホールにて開かれ、東京教育大学名誉教授・西山松之助氏の講演「花と日本文化」が行われた。
5月29日 東京・ホテルニューオータニにて創立20周年記念式典・祝賀パーティーが開かれる。いけばな褒賞杯授与式が行われた。第5回いけばな褒賞杯受賞者18名。
10月3日〜8日 第2回国民文化祭・熊本が熊本市総合体育館・青年会館にて開催。
11月11日〜16日 福岡・岩田屋百貨店にて国民文化祭協賛事業・日本いけばな芸術九州展が出品者444名(51流派)を得て開催される。百地海岸にて名誉総裁・高松宮妃殿下による松の記念植樹が行われた。

  

昭和63年
10月6日〜18日 第21回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて2週間にわたって開催され、6万7980人の入場者を集めた。
10月26日〜31日 第3回国民文化祭ひょうご'88開催。
12月 会報「花」15号発行。

平成元年
2月28日 吉村華泉理事長以下新役員体制が発足した。
名誉相談役 小原豊雲
代表参与 池旺理英 西村雲華
副理事長 池田昌弘 手嶋千俊
新参与 佐藤秀抱 大塚ふく 横地宗象円 筒井紫雲 藤野峰玉 布藤虚生 片桐康文 建部絹甫 中尾昇甫
3月30日〜4日 栃木・東武宇都宮百貨店にて日本いけばな芸術北関東展が開催される。
5月18日〜23日 第22回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催される。
6月1日〜6日 静岡・松坂屋にて日本いけばな芸術東海・山静展が開催される。
9月13日 富山市稲荷公園にて名誉総裁・高松宮妃殿下による記念植樹が行われる。
9月14日〜19日 富山市制百周年記念日本いけばな芸術北陸信越展が富山大和百貨店にて開催される。
9月29日〜10月4日 名古屋・名鉄百貨店にて日本いけばな芸術中部展が開催された。
10月6日 第6回いけばな褒賞杯授与式が東京高輸・高松宮邸にて行われる。受賞者20名。
11月3日〜8日 第4回国民文化祭さいたま89を大宮ソニックシティにて開催する。

  

平成2年
4月1日 大阪で開催された国際花と緑の博覧会に参加し、国際展示館「水の館」に869名(69流派)の作品が全期間183日にわたって展示され、また政府苑「文化伝統館」や野外いけばな――大パフォーマンス実演などが行われた。
9月27日〜10月2日 熊本・岩田屋伊勢丹にて日本いけばな芸術九州展が開催される。細川護貞氏による「いけばなはいつ頃始まったか」と題した講演。
10月 会報「花」16号発行。
10月18日〜23日 第23回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて開催される。
10月19日〜28日 第5回国民文化祭愛媛90が松山市総合コミュニティーセンターホールで開催。

  

平成3年
4月12日〜17日 ながの東急百貨店にて日本いけばな芸術信越展を開催。
8月 会報「花」17号発行。
9月11日〜16日 日本いけばな芸術北海道展を札幌そごうにて開催。
11月24日〜29日 第24回日本いけばな芸術展が大阪。なんば高島屋にて開催される。
11月17日 東京高輸・高松宮邸にて第7回いけばな褒賞杯授与式を開催。受賞者18名。
11月16日〜20日 第6回国民文化祭・千葉'91が幕張メッセにて開かれる。協会関係出品者91名

平成4年
5月14日〜19日創立25周年記念日本いけばな芸術展が皇后陛下の行啓を仰ぎ、東京・日本橋高島屋にて開催。出品役員291名、入場者3万3810人。
9月30日〜10月5日 広島そごうにて日本いけばな芸術中国展開催。
10月25日〜11月3日 第7回国民文化祭・石川'92が石川産業展示館にて開かれる。出品者50名。12月 常陸宮妃殿下総裁にご就任。
12月9日 東京・ホテルニューオータニにて財団法人日本いけばな芸術協会創立25周年記念を祝う記念式典、午餐会が開催。
12月 会報「花」18 号発行。

  

平成5年
5月13日〜18日 第26回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋で開催。
10月9日〜13日 第8回国民文化祭いわて'93が岩手産業文化センターにて開かれる。出品者92名。
10月21日〜26日 第27回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて開催。
12月6日 第8回いけばな褒賞杯授与式が東京高輸・高松宮邸にて行われる。受賞者20名。

平成6年
2月 会報「花」19号発行。以降年1回発行
6月23日〜28日 秋田市セントラルビルで全日本いけばな代表作家展が開催。出品者253人。また23日には秋田キャッスルホテルにて日本いけばな芸術協会主催によるシンポジウム「いま、いけばなを考える」を開催。
9月15日〜20日 第4回日本いけばな芸術東北展が仙台・藤崎にて開催。
9月29日〜10月4日 平安建都1200年記念日本いけばな芸術展が特別企画展として京都高島屋にて開催。
10月27日〜30日 第9回国民文化祭・みえ'94が松坂屋百貨店四日市店にて開催。出品者73名。

  

平成7年
2月23日 理事長 吉村華泉
副理事長 工藤和彦 辻井博州
4月20日〜25日 第28回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて開催。
10月10日〜11月19日 東京国立博物館「花」展協会から8流が展示出品。
10月12日〜17日 第29回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催。
10月26日 第9回いけばな褒賞杯授与式が東京渋谷の常陸宮邸にて行われる。受賞者24名。
10月28日〜11月2日 第10回国民文化祭とちぎ'95が宇都宮産業展示館(マロニエプラザ)にて開催。出品者73名。入場者7万8000人。

平成8年
9月25日〜30日 日本いけばな芸術四国展が、松山市のいよてつそごうにおいて開催。
9月29日〜10月6日 第11回国民文化祭とやま'96が、富山市テクノホールにて開催。出品者175名。10月10日〜15日 第3回日本いけばな芸術東海・山静展が、静岡市の松坂屋にて開催。

平成9年
3月13日〜18日 創立30周年記念日本いけばな芸術展(西部地区)が大阪・なんば高島屋にて開催。出品者1053名(175流派)。入場者5万4782人。
5月14日 創立30周年記念式典・午餐会が東京・ホテルニューオータニにて行われる。参集者1187名。
10月23日〜28日 創立30周年記念日本いけばな芸術展(東部地区)が東京・日本橋高島屋にて開催。出品者922名(251流派)。入場者5万3293人。
10月26日〜11月2日 第12回国民文化祭・かがわ97生活文化総合フェスティバルいけばな展がサンメッセ香川にて開催。出品者78名。入場者1万5587名。

  

平成10年
3月18日〜23日 日本いけばな芸術中部展が、名古屋市の名鉄百貨店にて開催。
6月12日 副総裁 豊田章一郎
名誉会長 細川護貞(会長から)
会長 犬丸直(顧問から)
顧問 石川晴彦
10月1日〜6日 第6回日本いけばな芸術信越展が新潟・伊勢丹にて開催。
10月21日〜25日 第13回国民文化祭・おおいた'98開催。出品者219名。

平成11年
4月22日〜27日 第31回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて開催。
10月21日〜26日 第32回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催。
10月24日〜31日 第14回国民文化祭・ぎふ'99が岐阜産業会館にて開催。出品者82名。
11月5日 第11回いけばな褒賞杯授与式が東京・常陸宮邸にて行われる。受賞者20名。

平成12年
5月24日〜29日 日本いけばな芸術九州展が福岡市・天神岩田屋にて開催。
9月6日〜11日 日本いけばな芸術北海道展が札幌・そごうにて開催
11月4日〜12日 第15回国民文化祭・ひろしま2000生活文化総合フェスティバルが広島県立広島産業会館にて開催。出品者69名。入場者7万人。

平成13年
2月27日 相談役 吉村華泉
代表参与 辻井博州
理事長 工藤和彦
副理事長 千羽理芳 肥原碩甫
4月26日〜5月1日 第33回日本いけばな芸術展が大阪・なんば高島屋にて開催。
10月25日〜30日 第34回日本いけばな芸術展が東京・日本橋高島屋にて開催。
11月2日 第12回いけばな褒賞杯授与式が東京・赤坂東邸にて行われる。受賞者20名。
11月8日〜11日 第16回国民文化祭・ぐんま2001高崎スズランにて開催。出品者66名。入場者5035人。

平成14年
3月11日〜14日 創立35周年記念いけばな新世代展が東京都庭園美術館で開催。協会在籍流派からの公募で、四五歳以下を対象として、出品3月26日 本部事務局・東部事務局、お茶の水スクエア売却により、東京交通会館へ移転。
9月5日〜10日 創立35周年記念第5回ヨ本いけばな芸術東北展が盛岡の川徳で開催。出晶者357名45流派)。入場者2万4198名。
9月19日〜24日 創立35周年記念日本いけばな芸術中国展が米子高島屋で開催。出品者373名(32流派)と、特別企画として大韓民国から(社)華公会の18名が招請出品。入場者2万5605名。
10月8日 創立35周年記念式典・午餐会が東京・ホテルニューオータニで挙行。第13回いけばな褒賞杯授与(44名)
10月19日〜27日 第17回国民文化祭・とっとり2002が倉吉体育文化会館で、鳥取県内会員30名により開催。

 

 

 

 

 

(c)2012 公益財団法人 日本いけばな芸術協会 All Rights Reserved